• まつみん

製品連載 Office365のバックアップ?

最終更新: 9月16日



こんにちは、サイト管理人のまつみんです。


本日はテレワークで重要な役割を担っているアプリケーション「Mictosoft Office365」を狙ったランサムウエアのお話と、対策としてのバックアップのお話をしたいと思います。


人気アプリOffice365に関するユーザーの誤解


 多くのユーザーの方は、Office365に対して「絶対不滅」の印象を抱くのではないでしょうか?トラブルが発生しても数時間のうちに復旧し、データもクラウド側で分散されてロストするこはありえない。そのためこちら側でバックアップは考慮しなくても良いはずだ・・。


 しかし、本当にそうなのでしょうか?


 Microsoft Office365は、Exchange online, Sharepoint online, One Drive, Teamsなどの機能を統合したクラウドサービスですが、Microsoftのコミットメントはあくまでもコラボレーションサービスとしての稼働率(SLA)を確保することであり、中身のユーザーデータの保護は厳密にはコミットメントしていません。たしかにファイルのリテンション・ヒストリー・ゴミ箱の保存期間・アーカイブなどの機能としては存在していますが、決してそれらは「ユーザーのデータ保護を約束する」という意味ではありません。


 もちろん上記の機能によって必要十分で運用できると判断されるユーザ様もいらっしゃいますが、厳密には上記の機能=バックアップだと解釈するのは少し違うということになります。


Office365を狙ったランサムウエアの存在


 ランサムウエアはその名の通り身代金を要求するサイバー攻撃の1つで、通常はユーザーのパソコンにマルウエアを使って侵入後、ファイルやグループ共有フォルダーなどのデータを暗号でロックし、ロック解除のためのキーと引き換えに身代金をクリプトカレンシー(Bitcoinなど)で要求することです。当初はOffice365などのクラウドサービスには影響がないと考えられていましたが、近年ではOffice365のデータをロックするランサムウエアも登場しております。また昨今のテレワークユーザーの増加に伴いスパムメールが激増(IIJ Engineeringレポート 迷惑メールが最大80倍に激増)しており、結果としてランサムウエアやBECの被害件数も増加しています。Office365にデータを保管し、業務がOffice365に依存しているお客様はぜひこの機会にバックアップをご検討ください。


Office 365のバックアップとは?


 IIJ America incでは、Office365のバックアップ(製品名 Simple Backupサービス)をお手頃な月額サブスクリプションで提供しています。クラウドなのですぐに始めることができます。


クラウドをクラウドでバックアップする、IIJ AmericaのSimple Backup サービス。良心的なサブスクリプション価格で提供します。


特徴1 Office 365 Exchange Online のバックアップ


 Microsoft Exchange Onlineのメール、添付ファイル、連絡先、タスク、イベント、グループメールボックス、アーカイブメールボックス、カレンダーをバックアップします。必要なすべてのデータを簡単かつ迅速に復元が可能です。


特徴2 Office 365 Sharepoint Online のバックアップ


 Microsoft SharePoint Onlineのサイトコレクション、チームサイト、コミュニケーションサイト、アクセス権限の設定をバックアップします。アイテム単位での細かい復元を実現し、バックアップデータから直接ファイルのダウンロードが可能です。


特徴3 Office 365 OneDrive のバックアップ


Microsoft OneDrive for Businessのファイルやフォルダをバックアップし、必要なデータを復元します。バックアップしたファイルの直接ダウンロードもできます。


まとめ


 IIJ America Incでは、お客様のシステム運用のお手伝いをいたします。クラウド導入やシステム更新・移行プロジェクトなどのご相談も承っております。無料相談のご予約は Sales@iij-america.com またはこちらのWebフォームまでお問い合わせください。


Subscribe to Our Newsletter

© 2020 All Rights Reserved IIJ America Inc,