top of page
  • 執筆者の写真ざっきー

クレデンシャル流出を防ぐ:効果的なパスワード管理戦略


デジタル化が進む現代社会。


パスワード管理の重要性は、企業のセキュリティにおいても増すばかりです。特に、昨今たびたび目にする情報流出のニュースは、パスワード管理の重要性を一層強調しています。


本記事では、パスワード管理ソリューションの導入がなぜ重要なのか、新たなパスワード管理方法として注目されている「Passkeys」についても触れながら紹介します。



パスワード管理の現状と課題


現代のインターネットユーザーは、平均して数十のオンラインアカウントを持つといわれており、それぞれ異なるパスワードを設定・管理する必要があります。しかし、このような多数のアカウントに対して、ユーザーが独自の強固なパスワードを設定し、それを記憶し続けるのは現実的には非常に困難です。


多くの場合、ユーザーは簡単なパスワードを使用したり、複数のサイトやアプリケーションで同じパスワードを使い回したりします。このような脆弱なパスワード管理は、サイバー攻撃者にとっては格好の標的に他なりません。その結果、フィッシング攻撃に代表される様々な方法によってパスワードが盗まれ、クレデンシャル(認証情報)が流出するリスクが高まります。


クレデンシャルの流出は、個人のプライバシー侵害やアイデンティティ盗難につながるだけでなく、企業にとっても甚大な損害をもたらします。ここ数年でも数万ドル規模の被害が発生する、企業の情報流出がいくつも報道されています。この被害額は、機密情報の漏洩、ブランドイメージの毀損、顧客の信頼喪失に加えて、回復に要するコストや潜在的な法的責任によるものです


さらに、クレデンシャルの流出は、サイバー攻撃者による二次的な攻撃の土台となることがあります。一度漏洩したクレデンシャルは、他のサービスでのアカウント乗っ取りや詐欺活動に使用される可能性があります。連鎖的な影響により、個人や企業は長期にわたってセキュリティ上のリスクを抱え続けることになります。


このような背景から、パスワード管理の方法とその重要性が改めて注目されています。


単純なパスワードの使用やパスワードの使い回しを避け、各アカウントに対してユニークで複雑なパスワードを設定する必要があります。しかし、多くのアカウントを持つ現代のユーザーにとって、これを実現するためには効果的なパスワード管理ツールの導入が必要です。パスワード管理ソリューションを利用することで、強固なパスワードの生成と管理を容易に実現し、セキュリティリスクを低減することができます。



パスワード管理ソリューションの重要性


それではパスワード管理ソリューションを導入することでどのような効果が期待できるのでしょうか?本章ではパスワード管理ソリューションによる2大メリットを紹介します。


1.セキュリティの向上

パスワード管理ソリューションは、様々なセキュリティ機能によりクレデンシャルを保護します。複雑でユニークなパスワードを生成し管理する機能を提供するほか、最近ではダークウェブに流出したクレデンシャルを利用している場合に警告してくれる機能が付いた製品もあります。これにより、従業員が使い回しや簡単なパスワードを設定することによって生じるセキュリティリスクを減少させることができます。また、パスワード管理ソリューションで提供されるパスワードマネージャーは暗号化されたデータベースにパスワードを保管することで不正アクセスから保護します。


2.従業員の生産性の向上

パスワード管理ソリューションには、従業員の生産性を向上させる効果もあります。従業員がパスワードを忘れた場合、その回復にかかる時間は業務の大きな障害となり得ます。パスワードマネージャーは、従業員が各アカウントのパスワードを簡単に取得できるようにすることで、この問題を解決します。これにより、パスワード関連の問題による業務の遅延を防ぎ、従業員が本来の業務に集中できるようになります。さらに、多くのパスワード管理ソリューションは、パスワードの変更を自動化し、セキュリティポリシーの遵守を容易にすることで、IT部門の管理負担を軽減し、より戦略的なタスクに集中できるようになります。





Passkeys:パスワード管理の未来


昨今では、Passkeysと呼ばれる新しい形の認証技術が登場しています。Passkeysは、従来のパスワードとは異なり、デバイスに紐づいたデジタルキーを使用してログインを行います。これにより、パスワードを覚える必要がなくなり、フィッシング攻撃やクレデンシャル流出のリスクを大幅に低減します。Passkeysは、生体認証やハードウェアトークンと組み合わせて使用されることが多く、より高いセキュリティを実現します。


現在、ユーザが覚えるパスワードを少なくするソリューションとしてシングルサインオン(SSO)という仕組みも存在していますが、PasskeysやSSOは普及が進んでも、パスワードによる認証が完全になくなるにはまだまだ長い年月がかかります。今できる対策として、パスワード管理ソリューションの導入をおすすめします。



まとめ:パスワード管理ソリューションへの取り組み


パスワード管理は、個人のプライバシーを保護し、企業のセキュリティを維持するために必要不可欠です。パスワード管理ソリューションは、セキュリティ強化と業務効率化の向上を同時に実現できる、コストパフォーマンスの高いソリューションといえるでしょう。

効果的なパスワード管理戦略を実施することで、クレデンシャル流出のリスクを低減し、より安全なビジネス運営の実現を検討してみてはいかがでしょうか。


エンジニアが導入支援からサポートまで一括し行う、IIJAパスワードマネジメントサービスの詳細はこちらから。


IIJ Americaでは、サイバーセキュリティに関するアセスメント、コンサルティング、ソリューションやサービスの提案・導入を行っています。セキュリティ対策のご相談は、いつでもお気軽にWebフォームからお問合せください!


コメント


bottom of page