• WEBINAR 事務局

Microsoft 365 ユーザ利用アンケート (2021)



こんにちは、IIJA Webinar 事務局です。


2021年7月22日(木)に開催したIIJAウェビナーでは、世界的に利用が拡大している Microsoft 365 のセキュリティ対策を取りあげました。本ウェビナーにご参加者いただいた方に「Microsoft 365 ご利用の実態」をお聞きしました。



さっそく、アンケート結果を見ていきましょう!



問1.Office 365または Microsoft 365 を現在ご利用していますか?


半数以上はOffice 365/Microsoft 365をご利用なのではないか、と想像していましたが、結果は想像を上回って、アンケートにご参加いただいた方の4分の3が「YES:利用中」と回答しました。

Office 365/Microsoft 365 を現在ご利用していますか?



Office 365/Microsoft 365は、言わずと知れたオフィス生産性ツールの代表格。多彩な機能を備えています。Office 365/Microsoft 365をご利用中と回答した方は、現在どのような機能をご利用になっているのでしょうか。



問2.次の機能の中で、どの機能を使っていらっしゃいますか?

(複数回答可)


  1. メール (Exchange Online)

  2. Teams

  3. ファイル保存・共有(OneDrive / SharePoint)

  4. 多要素認証

  5. 端末管理 (MDM・MAM)

  6. メールアーカイブ

  7. スパム・フィッシング対策

  8. その他

現在ご利用中の機能 (複数回答可)

基本的な機能である、メール(Exchange Online) (62.9%)、及び、リモートワークに欠かせないTeams (65.7%) の利用に続いて、ファイル保存・共有 (OneDrive / SharePoint) の利用も進んでいるようです。一方で、サイバーセキュリティ脅威対策として活用できる「多要素認証」「端末管理 (MDM・NAM) 」「スパム・フィッシング対策」の浸透度はまだまだ低い状況です。



ウェビナー本編ではこれらのまだあまり活用されていない、けれども、セキュリティ対策として有効な機能について、IIJ Americaのエンジニアが解説しました!こちらの内容については、ウェビナーキャッチアップでご紹介します。



さて、それでは、未だ利用していないけれど、今後利用してみたいMicrosoft 365の機能、気になる機能はどういった機能なのでしょうか。



問3.次の機能の中で、今後使ってみたい機能をご回答ください。

(複数回答可)


  1. メール (Exchange Online)

  2. Teams

  3. ファイル保存・共有(OneDrive / SharePoint)

  4. 多要素認証

  5. 端末管理 (MDM・MAM)

  6. メールアーカイブ

  7. スパム・フィッシング対策

  8. その他

[Webinar前] 今後使ってみたい機能 (複数回答可)

今後使ってみたい機能のトップは、「スパム・フィッシング対策 (48.6%)」機能でした!ウェビナー本編の中でも言及していますが、2020年の1年間の「フィッシング」報告件数が、計22万4676件に上り、前年比4倍に急増しました。(フィッシング対策協議会まとめ)

また、悪意のある標的型攻撃メールを受け取ることによる、被害の連鎖を根本から断つためにも、スパム・フィッシング対策でそういった脅威メールを極力受け取らないような対策をすることが肝要となります。


続いて、「端末管理 (MDM・MAM) (40.0%)」や「多要素認証 (25.7%)」が気になっているようですね。こちらも、リモートワークなどの働き方が定着したことにより、PCやスマホといったエンドポイント端末からのアクセスをしっかりと管理すること、ID/Passwordだけに頼らずユーザも認証することで不正ログインを防止し、サイバーセキュリティ被害から自社を守っていこうという気持ちが表れているのではないかと推測します。


最後に、「Microsoft 365 徹底活用術 ~Microsoft 365で実現するセキュリティ対策~」の講演後に「今後使ってみたい機能」をもう一度、質問しました。講演を聞いてどのような心境の変化があったでしょうか。。



問4.次の機能の中で、今後使ってみたい機能をご回答ください。

(複数回答可、講演視聴後)


  1. メール (Exchange Online)

  2. Teams

  3. ファイル保存・共有(OneDrive / SharePoint)

  4. 多要素認証

  5. 端末管理 (MDM・MAM)

  6. メールアーカイブ

  7. スパム・フィッシング対策

  8. その他

今後使ってみたい機能 (Webinar前後比較)

セキュリティ対策向けの「多要素認証 (25.7%→39.0%) 」はMicrosoft 365の基本的な機能として利用できるので、いますぐにでも対応ができるためか、講演後に今後使ってみたいと思ってくださった方がぐっと増えました。また、「メールアーカイブ (20.0%→31.7%) 」も、こんな機能があることを知らなかった方も多いのではないかと思いますので、講演を聞いていただいて、自社のニーズにマッチしている、使ってみたい!と思ってもらえたのかもしれません。



まとめ


今回は、ウェビナーの場を借りて、Microsoft 365のご利用についてアンケートをさせていただいたので、その結果をブログにて共有させていただきました。Microsoft 365をすでに使っていても、日々、刻々と進化するサービスのため、すべての機能を把握して、タイムリーに活用することはなかなか難しいと思います。実は「こんなことができる!」ということをお伝えしたく、日頃、お客様からお聞きするお悩み、ご相談を念頭に今回の講演を構成しました。



少しでもお役に立つ情報をお伝えできたら幸いです。



Microsoft 365、Microsoft 365と一緒に使うITシステム、セキュリティ対策に関して、お問い合わせやご相談がありましたら、ぜひ、Webフォームからお問い合わせください。


IIJ Americaでは、毎月様々なトピックを取り上げてウェビナーを開催しています。IIJ America ニュースレターへご登録いただくと、ウェビナー開催のお知らせをお届けします。


ニュースレターご登録はこちらから!



最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。